ココマイスター>>

2013年06月06日

土屋鞄とココマイスターはどちらが良いのでしょうか?

ココマイスターと土屋鞄、同じ本皮の長財布ですが、

どちらを選べばよいのか?


っと、迷う人は多いようです。

もしかして、あなたまも迷っていますか?

main.jpg

見た目も同じような感じなんですよね。


いくつか違いがあり、その違いが


購入時の判断材料となると思いますので、見ていきますね(^^)


▼土屋鞄

ホームページをご覧いただくと分かるのですが、

最初目に入るメニューは、ビジネスバックや、ボストンバッグ、ショルダーバッグといったバッグなんです。


土屋鞄という名の通り、本皮のかばんをメインに販売しているという感じがします。

長財布は、その他の革小物というカテゴリでようやくたどり着けます。



ココマイスターと同じような見た目ですが、若干デザインがトリッキーです。

平たく言うと、若者向きのデザインになっているという感じですね。


ココマイスターだとストレートに皮を切っているところを、

土屋鞄は、切れ目を入れたりして、デザイナーっぽくしてあります。

▼公式サイトへGO!▼






好き嫌いがるので、一概にどちらが良いというわけではありません。


▼ココマイスター

同じく本皮を熟練職人さんが作っているという意味では、土屋鞄と同じような気がします。

大きく違うのは、メンズ長財布がメイン商品である、ということです。


これは、ココマイスターの公式ホームページをご覧いただくと一目瞭然。

メンズの長財布カテゴリが分かりやすくなっているのと、

常にメンズ長財布の再販売の告知を行なっています。

45014001-01.jpg

また、土屋鞄よりも、ココマイスターの方が若干価格が安価です。

たぶん、革の材質は同じだと思います。


ココマイスターは、スーツが似合うという感じですし、

年齢が若干高めという気がします。

30代〜50代ですね。


デザインは落ち着いたシックな感じで、保守的で上品な長財布となっています。

デザイン性がないぶん、無難なので誰にでも、

どんなシチュエーションでもマッチするでしょう。


私のつたない主観でいえば、土屋鞄よりもココマイスターを購入します。

ココマイは、長財布専門に扱っているという安心感ですよね。


ホームページでその辺りを、ご確認下さい。
 ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓
長財布の価格を見る

 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
posted by ココマイスター 職人 at 23:16| 土屋鞄 ココマイスター | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

ココマイスターの縫製は手作りなのでしょうか?

ココマイスターの縫製、生産作業って、手作業なのか?

っと、疑問に思っている方もいらっしゃるかもしれないですね。


多くの製品を作っているのに、手作業なの?

っとちょっとした不思議感って、ありますよね。

01.png


ココマイスターの生産は、職人歴40年とか50年とかの熟練さんも多いらしいです。

その職人さんが、ミシンなどを使って、手作業で縫製しているということです。


なぜ、オートメーション化できないのか?

不思議に思いましたか?


その理由は、本皮の素材にあります。

既に分断された状態ではなく、大きな本皮の状態から切り取って作るようです。


本皮は、もとは動物ですから、個体差がありますよね。


同じ品質の革でも、微妙に薄かったり厚かったり

あるいは、柔らかかったり、固かったり。

▼公式サイトへGO!▼






このような、個体差の素材としてのムラがあるので、

オートメーション化できないそうです。


そのムラを活かして、よりよい製品をつくることこそ、

職人さんが得意としている技術に集約されているわけなのでしょう。

02.jpg


だから、全部手作り

すごいですねー。


なので、オートメーションのように大量に量産化はできないので、

ココマイスターの公式サイトを見ると、常に売切れになっているのはその証拠と言えるでしょう。


縫製にも手間をかけて、しっかりとした製品に仕上げているということなのですね。

職人さんのプロフィール紹介、ココマイスターの公式サイトに掲載されていますので、

ぜひ、アクセスしてみて下さい(^^)
 ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓
長財布の価格を見る

 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
posted by ココマイスター 職人 at 23:07| ココマイスター 縫製 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

ココマイスターの品質は安心なのでしょうか?

ココマイスターの品質の高さをご存じでしょうか?

品質というと、大きく分けて2種類の質の高さがあるのだと思います。


本皮素材の品質の高さ

革製品ですから、
本皮の品質が高いというのは「命」ですよね。


napoleon99.jpg


ココマイスターでは、ヨーロッパから本皮を輸入していますので、

その品質の高さは折り紙付きです。


折り紙つきとは、つまり、間違いない品質だという事です。

安心ということですね(^^)


本川の種類も、

起毛のナポレオンカーフや、馬具に使う高級ブライドルなど、

色々な種類の革製品を生産しています。


一口に本皮といっても、種類や部位、加工方法によって、

その製品は大きく異なるようです。


さらに、もう一つの品質の高さとは、職人さんです。

ココマイスターの革職人さんは、全て日本人。
▼公式サイトへGO!▼






しかも、
職歴30〜40年以上という超ベテランの革職人さんです。

頼もしいですね!

sakai.png

その道数十年の職人さんだからこそ、

安心できる高い品質の製品を生み出すことが出来るのでしょう。


ひいては、その本皮の品質と

生産の職人さんの品質がマッチして、良い製品ができるのですね。


それらをヨーロッパ・ブランド物のように10万円以上という高い価格ではなく、

20,000円〜50,000円という比較的安い価格で値付けしているからこそ、


ココマイスターが品質が高く安いという、人気の秘密なのでしょう。

公式ページでじっくりと長財布を見て下さい。

気に入るものがあるといいですね。
 ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓
長財布の価格を見る

 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
posted by ココマイスター 職人 at 22:56| ココマイスター 品質 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年06月01日

ココマイスターはファスナー付き長財布がありますでしょうか?

長財布には、ファスナーという観点からは、2種類のものが存在します。

ファスナーがあるものと、無いのものです。
ファスナーがないというのは、単に長財布という形になっているということですね。

45014001-01.jpg

もちろん、ココマイスターにも、
ファスナー付きと、ファスナー無し、両方のタイプの長財布があります。

ファスナー付きのものは、ラウンドファスナータイプの長財布として比較検討されているようです。
これらは、好き好きなので、どっちが良いというと難しいですよね。

私自身は、ファスナー付きの長財布が安心感があり、好感持てます。
しかし、友人を見回すと、ファスナー付きではないものを持っている人もいます。






理由を聞いてみました。
ファスナーがあると、出し入れの際に、一手間かかるので面倒だということでした。

なるほど。
面倒とも言えますし、安心とも言えますよね。

まさに、好みの問題です。
あなたは、どちらがお好みでしょうか?

私の主観ですが、
男性はファスナー無しタイプを選ぶ傾向があるように思います。

また逆に、女性はファスナー付きタイプを好んで購入するように思いますが、いかがでしょうか?

ココマイスターの公式サイトを見ても、
確かにレディース長財布はメンズと比較してファスナータイプが多いです。

っというか、2種類のみボタン式で、残り全部ファスナー付きタイプです。
女性はファスナー好きということが証明されましたね(^^)

ココマイスター公式サイトでご確認してみて下さい。
 ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓
長財布の価格を見る

 
 
 
 
 
posted by ココマイスター 職人 at 23:22| ココマイスター 長財布 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年05月29日

ココマイスター公式サイトを見る前に

ココマイスターは最近すごく人気の革製品のブランドですよね。
そういう私も、実は最近知ったばかりなんです(^^)

革製品や長財布と言えば、ヨーロッパブランドしか知らなかったですから。
いわゆるヴィトンとかシャネルとか、詳しくは知りませんが、聞いたいことあるブランドはみな同じだと思います。

ココマイスターって、日本の会社だと知っていましたか?
ヨーロッパから最高級の本皮を輸入して、
日本の職人さんが革製品を仕上げているということです。

前述した通り、
主に長財布がココマイスターのメイン商品として認知されているようです。

ネット販売に注力


ネット通販に力を入れいている会社らしいのですが、
実店舗も持っているそうです。

今あるのは、自由が丘と銀座店。
もうすぐ神戸店もオープンするそうです。

これを聞いただけでも、勢いのある会社というか
ブランドという気がしますよね。

扱っている製品は?


メンズ、レディースの革製品を取り扱っているブランドなのですが、
主に、メンズの長財布が人気爆発中のようです(^^)

自分の物を購入するだけでなく、
プレゼントとしても、人気のブランドだけに喜ばれるのではないでしょうか。

本皮製品でしっかりとした作り込みなのですが、
2,000円〜50,000円と比較的お安く、手の届きやすい価格帯も人気を呼んでいるのかもしれませんね。

ヨーロッパブランドものだと、10万円前後しますので、
半分以下で、同等かそれ以上のクオリティということなので、人気なわけです。

ココマイスターの公式サイトでじっくりと選んで下さいね。
 ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓
長財布の価格を見る







 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
posted by ココマイスター 職人 at 19:42| ココマイスター | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。