ココマイスター>>

2013年06月06日

ココマイスターの職人は日本人なのでしょうか?

ココマイスターは、本皮製品を生産するブランドですから、

本皮を扱う、熟練の革職人さんがいらっしゃいます。


もちろん、日本人です(^^)
main.jpg

高級皮革をヨーロッパから輸入して革製品を使っているという、

外国の職人さんが生産している

というイメージをされている方もいらっしゃるようです。


日本の職人さんです。


中でも酒井さんは、職人の中では最年長で71歳。

職人歴は50年ですから、20歳の頃から革職人一筋と言うことになりますよね。


すごいです!
▼公式サイトへGO!▼






ココマイスター自体、日本の匠の技である職人という、

伝統を後世に伝えるというミッションがある会社ですから、

ものづくりに対する思いは熱いものがあるようです。


ココマイスターの公式ページに掲載されている二人目は、

菊池さんです。

takumi_no2-p1.jpg


年齢は56歳と若いですが、職人歴なんと40年!

15歳のころから、職人さんを目指してがんばってこられた方なんですね。


菊池さんは言います。

特に硬い皮は、キズがつきやすく、やり直しができないので、

細心の注意を払って製品づくりに取り組んでいる、っと。


そうですよね、革は一度カットして製造工程に入ってしまえば、

間違えたからやり直し、というのは通用しませんから、真剣にならざるを得ません。


良い長財布を作っていただけるよう、がんばってください!

っというように、

ココマイスターでは職人さんのプロフィール紹介も公式サイトに掲載してあります。


ご興味ある方は、ぜひ一度アクセスしてみて下さい。
 ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓
長財布の価格を見る

 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
posted by ココマイスター 職人 at 23:44| ココマイスター 職人 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。