ココマイスター>>

2013年06月06日

ココマイスターの縫製は手作りなのでしょうか?

ココマイスターの縫製、生産作業って、手作業なのか?

っと、疑問に思っている方もいらっしゃるかもしれないですね。


多くの製品を作っているのに、手作業なの?

っとちょっとした不思議感って、ありますよね。

01.png


ココマイスターの生産は、職人歴40年とか50年とかの熟練さんも多いらしいです。

その職人さんが、ミシンなどを使って、手作業で縫製しているということです。


なぜ、オートメーション化できないのか?

不思議に思いましたか?


その理由は、本皮の素材にあります。

既に分断された状態ではなく、大きな本皮の状態から切り取って作るようです。


本皮は、もとは動物ですから、個体差がありますよね。


同じ品質の革でも、微妙に薄かったり厚かったり

あるいは、柔らかかったり、固かったり。

▼公式サイトへGO!▼






このような、個体差の素材としてのムラがあるので、

オートメーション化できないそうです。


そのムラを活かして、よりよい製品をつくることこそ、

職人さんが得意としている技術に集約されているわけなのでしょう。

02.jpg


だから、全部手作り

すごいですねー。


なので、オートメーションのように大量に量産化はできないので、

ココマイスターの公式サイトを見ると、常に売切れになっているのはその証拠と言えるでしょう。


縫製にも手間をかけて、しっかりとした製品に仕上げているということなのですね。

職人さんのプロフィール紹介、ココマイスターの公式サイトに掲載されていますので、

ぜひ、アクセスしてみて下さい(^^)
 ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓
長財布の価格を見る

 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
posted by ココマイスター 職人 at 23:07| ココマイスター 縫製 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。